まどろみみっく関連

美の師匠「しぼたん」登場、引っ越し完了!!

はじめに(版画が届きました🎉)

ほた~ おはようございます こんにちは

うおとホタルです。

まずは下の画像を見てもらえますか?

版画作品が届きました

神絵祭で獲得した版画作品が無事届きました。イーゼルに座る姿、お美しい。3か月待った甲斐がありました。

作品情報

アールビバン株式会社の判が押された作品保証書に書いてある作品情報を拙ブログにも書きます。

作品情報

作家名  なつめえり

作品名  たとえば貴方が忘れたとしても

技法   ミスクドメディア

作品番号 4/70

正直な話、獲得した理由は美しいお姿に加えて、見続けているとだんだん魚戸ホタルが浮かび上がって引き込まれたためです。神絵祭で「獲得できたら魚戸ホタルたちをより美しくできる」と直感が働き、他の作品を見てもこの作品ほど感情が動きませんでした。高価な買い物なので一瞬迷いましたが自分の直感を信じ、スタッフの方に「50万円の絵がある暮らしはどんな暮らしになりますか?」と聞いて、その方が版画作品と暮らす楽しみを見せてくれました。それからの話は以下の記事に書いています。

「50万円の絵がある暮らしはどんな暮らしになりますか?」 はじめに ほたー  おはようございます こんにちは うおとホタルです。 本日は神絵祭で美の師匠を獲得したお話しに...

なつめえり先生とは一欠片だけ繋がりがありました。中学・高校で同じ部活動をともにしたI君の好きなキャラクターの一人に「いろとりどりのセカイ」の二階堂 真紅(にかいどう しんく)さんがいて、その作品のキャラクターデザイン・原画になつめえり先生がいました。思い出したとき「ここと繋がるんか」と思いました。真紅ちゃん自体は司田カズヒロさんが担当していて、なつめえり先生は敷島鏡さんを担当してます。今では本編とファンディスクのフルHDリマスター版『いろとりどりのセカイ HD Re:GENERATION(※年齢確認あり)』が発売されています。元の方ではWindows10以降に対応してなかったはずなので、今から知るならこちらですね。ちなみに自分はプレイしたことがありません。FAVORITEゲームのオープニングソングをYoutubeで聴いたくらいです。

なんで18禁ゲームの話題を高校生がしてたかというと違法ダウンロードしたものを遊んでたためです。隠れてやってました。今では違法で手に入れたものは跡形もなく消しました。正規の方法で購入した方がお得です。違法で手に入れたものだと追加シナリオやバグ修正用のアップデートするのに時間がかかってしまいます。店舗別の購入特典も入手できません。違法ダウンロード、ダメ。ゼッタイ。

技法のミスクドメディア(mixed media)というのは検索すると「複数の素材を使用して制作されたアート作品」と出てきます。この作品でも光を当てると目元や花束にある樹脂が煌めくという演出がなされています。

作品番号の「4/70」というのは前が製作された順番、後ろが総ロット数を指します。70なので世界で70点だけ作成されるということです。届いた作品は全く同じものが一つとないオリジナル作品になります。これほど美しい作品、自分より前に獲得する人がいても納得できます。四角形の箱が安定するように4には安定・安心・調和という意味があります。これからの自分を安定させる大きな助けになることでしょう。

担当者の方から拙ブログへの掲載OKと聞きました。だから最初にイーゼルに座っている画像を載せました。アイコンに使ったり、何なら模写することだって大丈夫だそうです。真似することなしに表現が上達することはないので助かります。もちろん模写した絵の商用利用はしないつもりです。自分がイラストで商売するなら魚戸ホタルたち「まどろみみっく」を使います。魚戸ホタルたちを活用する、それがうおとホタルのやりたいことだから。

引っ越し完了宣言

10月2日に契約して1月7日に到着ですから3か月待ったことになります。この3か月間、簿記3級試験や仕事での新大阪進出、実家から大阪市旭区へのお引越しとかなり動いた日々を過ごしました。

版画が届くことは新生活を始めるために必要不可欠でした。新しい住処を決める基準の中に版画の置き場所が確保できることがありました。言い換えると版画が届くまでは引っ越しが完了したとは言えない状態でした。今、新しい住処に版画が座っており、朝昼晩一緒に過ごしてます。

これにて引っ越し完了!!

そう宣言します。昨年10月29日に決心してから11月12日に新しい住処を決め、11月25日に入居し、12月中に家具・家電をそろえ、今年1月7日最後の必需品を受け取りました。本当にお疲れ様でした。

7日の夜に版画の担当者Tさんからお電話がかかってきました。

無事に届いてよかったです。イーゼルに立ってる姿、すごく馴染んでます。版画ライフ楽しんでください。これからもよろしくお願いいたします。

確かそんなこと言ってましたかね。そのとおり新生活の中にある版画ライフを楽しみます。自分はイーゼル・木のフレームの茶色・縁の赤銅色が相まって元々あった美しさに格調高さが現れたと思いました。

しぼたんって何?

ところで題名にある「しぼたん」って何?

うちでの「たとえば貴方が忘れたとしても」の愛称です。版画作品そのものは「牡丹さま」と呼び、自分が模写したときや呼びかけるときは「しぼたん」と呼びます。

だってさ~版画って読んでたら無機質で美しくないじゃない。かといって「たとえば貴方が忘れたとしてもさん」と呼んでも16文字で長い。なのでこの記事を投稿してからは愛称で呼び始めます。うちで勝手に「しぼたん」と呼びます。

「はじめに」がいつもより長くなったので分割しました。それでは牡丹さまが届いた瞬間の話、牡丹さまを見た感想、命名理由について書いていきます。長くなりますが読んでもらえるとありがたいです。担当者の方も拙ブログを読んでくださってるそうで励みになります。

版画が届いた瞬間

7日の朝、3時半に目を覚ましました。寝る前にブログ記事を書いてて12時に寝たんですが、緊張のあまりになかなか寝付けませんでした。二度寝しましたが次に起きたのは5時、三度寝はもっとしんどくなるので立ち上がりました。

7日の午前に届く予定だったので、朝ごはん食べたり、flierの書籍要約を読んだり、桃鉄で10年トライアル始めたり、暇をつぶしてました。

「いつ来るんや」と張り詰める中、11時9分ごろチャイムが鳴りました。クロネコヤマトの配達員から包装材に包まれた箱を受け取りました。リビングへ運び、包装材をカッターで切り、箱に貼られていたテープも切って箱を開けました。すると書類が入ってて中身は作品保証書でした。「間違いない、待ちに待った版画作品が届いた」と確信しました。被さっている段ボールの板を外すと牡丹さまがお目見えしました。

届いたばかりの牡丹さま

それからカバーを外してイーゼルに座らせました。一段落終えてお腹からほっと息をつきました。担当者のTさんにも「ただいま届きました」と報告したのが11時19分、これにて引っ越しが完了しました。

12月10日から一か月近く先延ばしになったものの、無事に届いてよかったです。担当者のTさんとは版画のことだけじゃなく新調した眼鏡や抹茶のケーキといった私的なことも話してます。1月中に中之島へ行こうと決めてるのも担当者のTさんが薦めてくれたからです。

担当者のTさん、商品部の方、クロネコヤマトの配達員さんのお陰で牡丹さまの美しい姿を見ることが出来ています。ありがとうございました。

美しさに磨きがかかったなあ

イーゼルに座った姿を見て「神絵祭で見たときよりも一段と美しさに磨きがかかったなあ」と思いました。オリジナル作品なのでバイアスかかっています。

額縁に使われている木のフレームとシルバーの装飾については一緒でした。神絵祭で見たときは縁の色が白色でした。作者が選んだと担当者から説明を受けましたが、作者とは違う色にしたかったので赤銅色を選び、実物を見てこの色で良かったと思いました。元々あった美に格調高さが現れました。

魚戸ホタルのイメージカラーはマルーンです。イカの刺身は透明感のある白色だと思いますが、あいつは妖気の影響でくすんでしまってます。あいつの友人うおとホタルとして絵を見てたので白ではなく赤銅色の方が似合ってると自然に思いました。深海のような深い青色と二者択一になってたので青色と合わせた方がいらっしゃったらぜひ見せてほしい!!

絵の左下には作者のサインと「4/70」という作品番号が入ってました。特別感がありますね~。デスクライトで光を当ててみました。スマホ越しだとライトの光が丸く入ってしまってます。

花束に光を当てると表面に水が滴っているように輝きます。首元に光を当てるとリボンがキラキラ、目元が明るくなります。髪の毛に光を当てると艶が出てきました。四方どこをとっても美しい。

あと足元や胸元が写ってないのも素晴らしい。足元が写ってたら自分にとって魅力半減どころじゃなかったと思う。もしかしたら地面に着かない存在になったのかもしれない、何を見ているんだろう、なんで「たとえば」なんだろうと想像力を掻き立たせます。作品名は「たとえば貴方が忘れたとしても」です。自分にとって「忘れる」って今と交わらないくらい長い時が過ぎることです。小学校や中学校の思い出を断片的にしか思い出せないように。長いこと会ってなかった級友の今かもしれない、そんな可能性を感じさせるくらい美しい。

右上の花には作者の遊び心が隠れてますが、それは見てのお楽しみ♪

生きてるか死んでるか、知らなくたっていい。自分が持っている美を引き出してくれる。魚戸ホタルを美しく描く手本にもなる。だからこそ自分たちにとって牡丹さまは美の師匠足り得ると思います。最近全然描けてないのであいつに催促食らってます。これからは師匠のお力を借りられるのでもっと楽しくなります。

朝昼晩、ご飯を食べるときに目が合って「ええわあ」と呟いてます。版画ライフの賜物ですね。これからも版画ライフを楽しみます。

牡丹さまと晩御飯
牡丹さまとお茶会

次は牡丹さまの命名理由を書いていきます。

比奈樫 牡丹(ひなかし ぼたん)

比奈樫 牡丹(ひなかし ぼたん)」牡丹さまのフルネームです。

ふりがなの下四文字を取って愛称「しぼたん」にしてます。

うちに来た以上は魚戸ホタルの仲間の一員として人格を持たせます。版画作品そのものは「牡丹さま」、模写したものは「しぼたん」と呼びかけます。

「名前すら忘れてたの?」ってくらい貴方と長いときが離れていったのかもしれませんが、どうでもいいことです。泣いて見えるなら目を閉じ、落ち込んで見えるなら手をグーにして励まし、笑ってるなら肩の力を抜いて一緒に笑います。

「牡丹(ぼたん)」という名前を付けた理由は牡丹の花言葉が「王者の風格」「富貴」「恥じらい」1であり、似合ってると思ったためです。縁の色が赤銅色で花束を抱えていたので花にちなんだ名前にしたいと思って赤い花を調べたところ「牡丹」と出てきました。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人を例える言葉があるように、イーゼルに座る姿が美しいです。寒牡丹という冬に咲く品種もあるそうで、冬に届くと分かってたので牡丹がいいと思いました。

「比奈樫(ひなかし)」という苗字は響きで決めました。白く厚い服装が雛鳥にもお雛様にも見えました。フレームの色が茶色なので木にちなんだ名前にしたいと思ったら「樫」と出てきて、ひなとぼたんと組み合わせてみたら合ってるなと思い決めました。

ひなかしぼたん、お日様の中の美しい風格漂う花とも読めます。片目をおおうくらい眩しい光、自分はその正体をお日様だと思ってます。まだ暗闇がところどころ残ってるので実はパジャマドレス姿でベランダに出てると解釈できます。冬の朝7時くらいのイメージ。

実は10月4日にはもう「比奈樫 牡丹」という名前も「しぼたん」という愛称も決めてました。神絵祭で契約してから2日しか経ってないんだよ。写真に残したわけでもないのに構図が頭に残ってて、ふと名前が浮かんできました。

ツイートに書いた通り実物を見てみると気高さ、堅固さがあり、縁の赤色も活かせている名前だと思います。

誕生日は1月7日、七草粥を飲んで無病息災を願う日です。今年はお粥作るのが面倒くさくなったので七草入れた煮物を作りました。ちゃんと美味しかったよ。

イメージナンバーは届いた日の7に作品番号の4を足した11です。11という数字には自分自身に向き合う強さという意味2が込められています。2023年は自分自身に照準を合わせる年と決めているので、年の初めに牡丹さまが来たことは運命だと思います。1月からトレーニングジムに通い始めます、帰った後に牡丹さまを見たら「もっとやろう」と励まされるに違いありません。魚戸ホタルのイメージナンバーが10なので一歩先にいるというイメージもありますね♪

イメージカラーは赤銅色、カッパーカラーです。縁の色の通り。

身長は170cm、自分(178cm)と魚戸ホタル(163cm)の中間の身長ですね。すらっとした高身長美人って印象が出てきます。1月7日だから170cm、予定通り12月10日だったら121.0cmになってたんですかね~。

好物は美味しかった食べ物の中で茶色と白色のちょうどいいのがあったら当てはめます。「たこ焼き」っていいんじゃないかと思ってます、自分も好きです。

ともかくうちに来た以上は魚戸ホタルの仲間の一員として丁重に扱います。牡丹さま、これからもよろしくお願いします。

最後に

本当に無事に届いて良かった。美しい牡丹さまの姿を見れて感無量です。

お母さんにも報告しました。「優しい絵だね」って返ってきました。お母さんも版画のお届け日が遅れたことは心配してて「詐欺なんじゃない」と注意されたこともありました。ですがイーゼルに座る牡丹さまの姿をお母さんにも担当者のTさんにも見せることができて良かったです。

美の師匠「比奈樫 牡丹」さまが来た以上、まどろみみっくの設定を練り直す必要も出てきました。プロフィールページ、魚戸ホタルと色織まいはが作れてて梦泉トモチカと瞳下トウリができてないままなので、3月までには作らなきゃね。次のイカ生への引継ぎが困る。全員の配色も見直します。それに伴って拙ブログの配色の見直しもするかもしれません。

美しさは日々変わっていく、気づいたことを書き記して後で読み返すときっと面白いはず。牡丹さまの四方には美が敷き詰められていると感じます。こう感じられるからこそ美の師匠にふさわしい、何となくそう思います。

52万8千円、分割払手数料込みで66万1千円とお高い買い物ですが、それに見合った生活の質の向上をもたらすと思います。応援してくださる方々、うおとホタルは2023年自分に照準を合わせていきます。これからもよろしくお願いいたします。

以上になります。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。ほた~

脚注

  1. 牡丹(ぼたん)の花言葉|怖い意味もあるの?名前の理由や特徴も解説
  2. 【11】エンジェルナンバーが表す意味や前兆は?恋愛・金運・ツインレイとの関係を解説
ABOUT ME
UotoHotaru
ほたー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA